SSブログ
前の10件 | -

ひどい出来だった「地獄少女・映画版」 [映画・文学・音楽]

 本日、7/4の東京都コロナ感染者数は、131人。(15:00)
 2日107人、3日124人と高値漸増。しかし、緊急事態宣言も(わけのわからない)東京アラートも出さないんだそうです。東京アラートは小池口だけ知事が都知事選立候補に合わせて解除したのですが、あれはいったい何だったんでしょうねえ。「夜の街」がを繰り返すだけで厚顔無恥無能無策を認め、明日7/5の投票日を前に立候補とりやめませんかねー。
(@_@;)


地獄少女・映画版☆☆

 もとはアニメ(原作は、まんが)。私が初めて見たのは、テレビドラマ版。アニメは見ていないが、いじめられ虐げられた人物が地獄少女と契約を結び相手は地獄に流される。しかし、契約をした人物も死ねばまた同じように地獄に・・・という骨子は同じはず。要するに、「はらせぬ怨みはらします」の「必殺」シリーズをちょっと捻った現代版ということだ。
 ドラマは主演の岩田さゆりがなかなかいい感じで地獄少女(閻魔あい)の雰囲気を出していた(このとき16歳)。ただ、パターンがいつも同じなので飽きてきて、途中から見たり見なかったりしているうちに終わってしまった。今回、その「地獄少女」がドラマから10数年ぶりに映画になったというので、見てみた。
 問題は、いじめられ復讐するというワンパターンで2時間の映画がもつかということ。
 ドラマは30分(正味22分ほど)なのでなんとかなったのだが、結論から言うと、映画の2時間は地獄流しにあったように退屈だった。通しの人間を登場させたり、かつて地獄少女と契約を結んだ人物の死に際を見せたり、契約で相手を地獄流しにした人物が次にはその肉親から地獄に流されるという連鎖にしたりと、苦労のあとは偲ばれるがどうしてもダレノガレ。さらに問題なのが主演の玉城ティナ(撮影時20歳?)。本人ではなくキャスティングの失敗なのだが、どう贔屓目に見ても「少女」には見えない。地獄おばさんとまでは言わないが、地獄姉さんだろう。
 多分、スッピンならドラマの岩田さゆりより玉城ティナのほうが美人と思われるが、女優は美人ならいいというものではない。岩田さゆりは美人ではないが、不思議な「少女」としての魅力があった。玉城ティナは、ただ怖いだけのお姉さん。雰囲気、佇まい、声、しゃべり方などが総合されて一つのイメージを形作るのだ。これならブサイクでも演技力はある芦田愛菜のほうがまだマシかなぁ。個人的には、「Saki-咲-」で衣をやった菊地麻衣にやらせたいところだ。
 それにしても、暇潰しとはいえ人生の貴重な時間を潰して見るわけなので、どこかいいところがないの探してみるのだが、この映画には、ひとつもいいところかせなかった。先日見た「屍人荘の殺人」もひどいものだったし、ドラマ「美食探偵」も以前ブログに書いたようにゴミのようなドラマだった。浜辺美波、小芝風花といった人気女優揃って討ち死にといったところだ。どうも最近あまりにも出来の悪い映画ばかり見ているような気がする。最近の映画全体の質の低下がひどいことになっているのか、こちらの感性が歳のせいでひどいことになっているのか、気になるところではある。(^^;

↓予告編
https://www.youtube.com/watch?v=wR8KvxhdJvk
地獄.jpg
☆★は、尊敬する映画評論家・双葉十三郎さんの採点方法のパクリで、☆=20点、★=5点(☆☆☆が60点で「可」。合格というか、まあ許せるラインということです)
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨の晴れ間に [気象・天文・宇宙]

 本日の東京都のコロナ感染者数は124人![がく~(落胆した顔)](15:00)
 とうとう連日の100人超。自粛緩和、自身の都知事立候補に合わせたステップ緩和が間違いだったことは明らかです。口だけ都知事は、依然として「夜の街」がぁとか「検査方法」が違うとか言って逃げるんでしょうかねー[パンチ]

 昨日(7/2)は梅雨明けかと思えるような快晴。気温も上がって、さすがに7月は夏だなあと思わせる陽気でした。で、午後に久しぶりに一眼に望遠レンズというスタイルで、公園を一周して来ました。重いカメラ(ボディ+レンズで2kg)を持って筋肉を鍛える意味と、望遠レンズの日光浴を兼ねての散歩です。この時期、ちょっと油断するとレンズにカビが生えちゃいますから(カビがレンズを浸食してしまうのでクリーニングだけでは直らない場合が多い。修理費ン万円(^^;)、風通しのいい所に置き、時々日光浴させてやるのが大切です。(^-^)
梅雨の晴れ間.jpg
nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

日進からの贈り物(^^)/ [日進市便り IA]

 7/2の東京のコロナ感染者は107人。(13:00現在)
 ひゃー、自分の出馬宣言などに合わせてアラート解除とかやってきた小池口だけ都知事やっちゃいましたねえ。夕方、緊急記者会見をやるそうですが、どんな横文字を並べ立て、誰に責任をおしつけるつもりなんでしょうかね?
 ・・・なんて思っていたら「感染拡大要警戒」なんて今まで聞いてもいなかった基準を提示し(この知事は、突然の「ロックダウン」「東京アラート」など後だしジャンケンパフォーマンスばかりだ)、「夜の街要注意」なんて責任は「夜の街」に押しつけ、感染者数が増えているのは検査をきちんとやっているためだとでも言いたげだ(だったら今までの数字は何だったんだ)。国会終了後、安倍ちゃんは雲隠れしたままだし、威張っていた大阪では給付金の給付がまだ1割だというし、ほとんど無政府状態ですな、今の日本は。
https://lite-ra.com/2020/07/post-5502.html

 昨日(7/1)の東京のコロナ感染者は67人。全国で125人ですから、突出しています。これでも小池横文字都知事が選挙を考えて数字を抑えているという噂があるので、再選されたらいきなり数字が上がるかもしれません。怖いですねえ、おそがいですねえ[がく~(落胆した顔)]

 昨日のプロ野球はドラゴンズが逆転勝ち、ジャイアンツが逆転負けがったので、wildさんはストレスがかなり解消されたかもしれません。
 そのwildさんから昨日届いた贈り物。中には新鮮な無農薬野菜がどっちゃり。さっそくミニトマトを食べてみましたが、いやあ甘くてジューシー[わーい(嬉しい顔)]。持つべき者は友だちですなぁ。東京のコロナ感染者数増加は、第2波の始まりではないかなどと言われてもいますが、日進からの第2波、第3波は、大歓迎ですぞ[るんるん]
日進.jpg
nice!(9)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

埼玉日々気まぐれ日記:2020年6月 [埼玉特派員より KS]

 無能無策でパフォーマンスばかりの首相、都知事のおかげで何だかばたついているうちに今年も半分が過ぎてしまいましたか。ホント溜息が出ますネ[バッド(下向き矢印)]

 6/30のコロナ感染者数(21:30時点)
 関東(東京=54、神奈川=31、埼玉=10、千葉=7、栃木=3、群馬=1)計106
 関西(大阪=5、京都=2、兵庫=1)
 その他(北海道=13、山梨=2、静岡=1)

 月の初めはKSさんからの「気まぐれ日記」。今月はいつもと比べて文章量が少ない気がしますが、ともかく続けるのが肝要。「継続は力なり」と言っておきましょう。KSさんの自粛は私以上のようですが、コロナが下火になったら新宿の「昼の街」で食事でもしましょう。
 写真が全くないというのも寂しいので、手持ちの写真1枚だけ貼っておきます。
SG4A6531.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………
6月1日(月)
 朝から雨降りだった。床屋に行った。2か月ぶりの散髪。待っている人は一人で50分の待ちで済んだ。料金はカット、シャンプー、髭剃り込みシルバー価格で1870円。

6月2日(火)
 朝のうち曇り空だったがそのうち晴れてきていい天気となった。気温は高かったが過ごしやすかった。
 アメリカで黒人の一人が白人の警官に膝で首を押し付けられ圧殺された(動画で見たがひどい画像だった)ことがきっかけで全国で暴動が勃発している。純粋な抗議デモのほかにテロ組織アンティファの扇動による暴動も起きていると聞く。
 中国共産党は内モンゴル、チベット、ウイグル、南シナ海を占領して世界から非難されている。香港も50年償還の約束を破って10年で取り込んでしまった。トヨタを筆頭に日本企業の多くが中国に進出している。国内企業も中国からの部品が入らないと立ちいかなくなっている。中国に進出している企業は利益を上げてもその利益を日本に持ってこれない、中国で消費するしかない。1憶人の中国共産党員が13憶人の中国人を奴隷のように働かせている。言論の自由も無い、こういう国となぜ日本人は仲良くしているのだろう。

6月3日(水)
 1時間ちょいのウォーキング、汗が出た。6480歩。朝のうち晴れていたがその後曇りの一日だった。
 コロナ対策専門家会議議事録が作成されていなかったそうだ。専門科学者の会議の議事録は当然作成されなければいけない、これ常識だと思うけれど。議事録に発言を記録されて困るような科学者がいるのだろうか。コロナ持続化給付金事業費769憶円をサービスデザイン推進協議会という会社が受注し、749憶円で電通に下請け発注したそうだ。差額の20憶円は何なのかの質問に対して15.6憶円は振込手数料だそうだ?企業に給付金を振り込むのに銀行を使いその振込手数料だそうだ?普通、銀行から誰かに金を振り込む時、振込手数料は一緒に銀行に払うはずなのだが、どうして振込手数料だけ別でサービス協議会が払うのだろう。そんなこと出来るのかいな?

6月4日(木)
 今日は南浦和方面に歩いた。往復約1時間、暑さはそれほどでもなかったがマスクはわずらわしかった。将棋藤井七段が棋聖戦挑戦者決定戦に勝利。棋聖戦が楽しみ。

6月5日(金)
 1時間足らずのウォーキング、汗が出た。これからはよほどの早朝でない限り汗だくのウォーキングとなろう。
 PCの電源を切ってしばらく時間をおいて起動しようとしたらスイッチが入らない。何度も繰り返したが起動しない。PCが壊れたのかと思い、丁度マンションのすぐ前にPCトラブルのお助け事務所が有り、そこに持っていったら、どうもPCの基盤が壊れているらしいという診断。修理を依頼した。PC購入は去年の9月、消費税がUPされる直前だったのに、どうして?
6月6日(土)競馬は携帯電話で投票。
6月7日(日)同上。安田記念は複勝4着でアウト。
6月8日(月)ウォーキング6650歩。スポーツクラブ6日から再開を確認。
6月9日(火)特別定額給付金資料届く。
6月10日(水)同上申請書投函。スーパーに大量のマスク(7枚入り税抜き279円)。
6月11日(木)2か月ぶりの歯科医院。入れ歯修理もなぜかぐらぐらの歯が引っ掛かり抜けてしまった。痛かった。

6月12日(金)
 歯科医院に抜けてしまった歯の後の点検、異常なし。
 そして、PC修理完了の連絡。今久しぶりの日記記載。PCが無いと時間つぶしが大変だと再認識した。テレビはあちゃらか番組、全く見る気はしない。もっぱらニュースばかり。PCの修理期間中、小説文庫本を2冊読んだ。

6月13日(土)
 今日の競馬は完敗に近かった。何をとち狂ったのか馬連ワイドをいくつも買ってしまった。まあ欲ボケということなのだろう。明日は今までと同じように単勝複勝で楽しもう。一日中雨降りだった。明日も雨予想。

6月14日(日)
 今日も一日雨模様の天気だったが雨量は少なかったようだ。競馬新聞を買いにコンビニに出たきりで一日中家の中で競馬。今日も完敗に近い。
 アメリカの黒人差別問題が世界に飛び火しているようだ。日本も大阪とかで人種差別反対のデモがあったそうだ。日本人は、人種差別反対なんて言えるのかいな。結構昔から差別してきていると思うが。

6月15日(月)
 午前9時にウォーキング。今日は少し風が吹いていていくらか暑さは和らいだ感じだったが汗は出た。カミサンからこれからは汗をかくから早い時間にウォーキングしたらと助言された。知多にいたころは夏も冬も午前4時前後に歩いていたものだ。夜は8時頃には床に就いていた。今はおよそ10時半頃就寝だから朝の4時は無理。
 しっかり多くの人のPCR検査をすると感染者が増えることは分かるが、重病者の数が今と違ってくるのかいな。重病になるような人は今までと同じようにPCR検査をするだろう。感染者の数など問題にすることに意味があるのか?ないのではないのか。「夜の街」の関係者全員を検査したって感染者は増えるが重病者、死者は関係ないと思うが。そもそもホストクラブ関係者を集中的に検査すること許されていいのかい?偏見そのものじゃあないのかい、口だけ都知事さん。軽傷者は関係ないはずで、重傷者、死者が問題であると思う。世界で感染者が何人とか報道しているが、肝心なのは重傷者、死者ではないのだろうか。何か変だと思う。
 アベノマスクが届いた。思っていたより小さくはないと思われる。寄付しようと思うがどこに持っていけばいいのか分からない。

6月16日(火)
 アベノマスク寄付するにはどこか。区役所で受け付けてくれていることが分かった。軽くウォーキングのつもりが約1時間歩いてしまった。歩数6980歩。少し風が有りそれほど暑くはなかった。
 コロナはまだまだ治まっていない。先進国の窮状に乗じて中国共産党は良からぬことを画策しているようだ。いや、もう何十年も前から「千人計画」か「万人計画」なのか知らないが着々と金による有力者科学者等の引き抜きをやっているとか。目的は中国共産党が世界制覇をすることだそうだ。既に数多くのアメリカ人、ヨーロッパ人、日本人の知識人、政治家が篭絡されているそうだ。が、一方5年以内に中国は崩壊するという話も聞く。

6月17日(水)
 アベノマスク区役所に寄付してきた。今日は武蔵浦和駅付近を散策した。高層マンションがずいぶんと増えた。陽は強く暑かった。歩数5750歩。
 コロナウィルス抗体検査の結果は0.1%だったそうだ。ということは今回のコロナウィルスにほとんどの人は感染していなかったということで、コロナウィルス第二、第三感染が来たらやばいということか。
 「007ジェームズボンド」のテーマ曲連続再生1:27:44を聴いた。前半は懐かしい曲で楽しかったが後半は覚えのない曲が大半だった。久しぶりに音楽を聴いた。

6月18日(木)
 今日は歯科医院と銀行に出かけ、かれこれ2時間ほどかかった。銀行は市民税・県民税の銀行引き落とし手続きで処理は早く終わったが待ち時間が長かった。一日曇りだが蒸し暑く汗が出た。歩数6320歩。
 先の参議院選挙広島地区、自民党からの選挙助成資金1.5憶円と1200万円の差は何なのか。まあ解明されないだろうな。

6月19日(金)
 雨降りの中内科へ。血圧126/71、他異常なし。採血し、次回は2か月後。異状なければ今後は2か月ごとに検診となった。知多にいたころは検診2か月ごとということを言われたことが無い。
 買い物するときのマイバッグはウィルスをきちっと拭き取らないと危ないとカミサンから聞いた。知多の時からマイバッグ(と言っても大きめのビニール袋)を使ってきたが、今後は毎回買うことにしよう。3円也。

6月20日(土)
 娘が父の日のお祝いとしてアイスコーヒーボトル2本を送ってくれた。カミサンによれば昨年知多にいたころに送ってくれたものと同じだそうだが、残念ながら記憶にない。お礼のメールを娘にいれておいた。今日は暑くもなくいい天気だった。競馬はそこそこ頑張ったが負け。

6月21日(日)
 今日は一日中曇り。競馬は負け。なかなか感性が働かない。

6月22日(月)
 朝小雨降りの中スーパーに買い物。少し歩いて歩数2430歩。
 内科医から電話が有って、金曜日の血液検査の結果でHa1c値が7.7に上昇しているので気を付けるように言われた。前回値は7.3だった。なぜだか思い当たることが無いが、食べる量を少しセーブするか。甘いものを食べすぎた記憶は無いし、ウォーキング等の運動量はほぼ同じ。酒の量もほぼ同じ。やはり食べすぎなのかもしれない。

6月23日(火)
 メガネの鼻架け小物が破損したため修理してもらった。料金を聞くとサービスとのこと。その後オリンピックに行って下着を購入。ぶらりと歩いてきたが歩数5130歩。曇りで少し汗は出たが気持ちのいいウォーキングだった。

6月24日(水)
お中元を申し込みに浦和駅前の伊勢丹に行ってきた。行きは歩いて約40分。帰りはバスに乗った。お中元の申し込みは結構混んでいて1時間ほど待たされた。行きは曇りだったが帰りはカラッと晴れていて暑く汗が出た。午後に郵便局までレターパックを出しに行きトータル歩数は7680歩、疲れた。

6月25日(木)
 午前4時47分千葉沖の地震、ここさいたま市で震度3。結構長く揺れていた。丁度トイレで用を足していた時だった。カミサンはすぐに起きてラジオ、テレビをつけていた。今日は朝のうち小雨でその後はずーっと曇りだった。

6月26日(金)
 久し振りに「白幡緑道」を歩いた。いつもは老人が池の周りに数人集まって話をしているのだが、今日は一人しか見えなかった。曇ってはいたが蒸し暑い朝だった。歩数4700歩。東京のコロナ感染者数がここ数日50人程度に増えている。嫌な感じだ。一昨日浦和駅前の伊勢丹に行ったが結構人が混んでいた。一応皆さんマスクはされていたが。
 夕方娘が来た。来週の火曜日まで休みだそうだ。明日(土)とあさって(日)は競馬は中途半端になりそうである。

6月27日(土)
 蒸し暑い日だった。本日の競馬は中途半端になると思っていたが、娘は自分にTVをずっと使わせてくれた為最終レースまで楽しめた。最終レースまでオケラで完敗だったが、大逆転で負けを取り返した。こんなこと久しぶりのことだ。大体が負けを取り返すために最終レースでどーんと賭け、外れて赤字が増えることが多い。はたして明日も競馬が見られるかは?
 娘は8月に今の会社をやめて台湾の会社に移ると言っていた。今度で4回目の転職。

6月28日(日)
 朝から雨降りだったが昼近くにはやんでいた。雨の日が本当に多い。
 今日の競馬は6レースでやめた。結果は負け。調子に乗って競馬を続けていたらカミサンからクレームがつき中断することにした。今日のGI宝塚記念は見られなかった。今後土日の無観客競馬は出来なくなるかもしれない、少なくともどちらか1日は。早くコロナ騒ぎが治まって競馬場に行きたいものだ。
東京のコロナ感染者数は60人。ここ4日間50人以上が続いているが、どうも熱が出ている人のPCR検査だけではなくホストクラブのような関係者をなかば強制的にPCR検査した結果のようで、これまでの感染者数とは意味合いが全く違うが、NHK、都は何の説明もしていない。当たり前だろう、熱も出ていない人の検査をすれば増えるのは当たり前のこと。この変更をきちっと説明してもらいたいものだ。感染者数など全く意味がないと思うのだが。今後どのように判断すればいいのか。

6月29日(月)
 今日の歩数4550歩。ウォーキングの途中ダイソーとスーパーに寄った。少し曇っていたが汗が出た。プールに行くのはもう少しコロナの様子を見てからにしたい。
 棋聖戦藤井七段(17)二連勝で棋聖に王手。すごいことだ。それに比べ中日はあかんなあ。
 息子からお茶漬けセットが送られてきた。父の日のお祝い、ありがたいことだ。お礼のメールをしておいた。

6月30日(火)
 朝ぽつぽつと雨が落ちる中のウォーキング、暑くはなく気持ちよかった。娘は昼に帰っていった。来月また来るとのこと。午後から雨降り。明日も雨だが明後日は曇りのち晴れのようだ。本当に雨の日が多い。6月も今日でお終い。娘が3か月ぶりに帰ってきたこと以外は大きな変化のない毎日だったように思う。
nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

スイートバジル発芽 [植物]

 6/30は54人と発表されました(16:30)。60、58、54と推移しているので、口だけ都知事は「順調に減っている」なんて言うんでしょうかね?

 6/29のコロナ感染者数は58人。24日55人、25日48人、26日54人、27日57人、28日60人。平均でも50人をそれこそオーバーシュートなんだが、口だけ知事は60人から58人に減っているなんて屁理屈こねるんだろうか。「NEXTユニコーン」なんて横文字で誤摩化している場合じゃないぞ。めっ。この小池テイタラクで一番喜んでいるのは、国会をさっさと終わらせてしまった安倍ちゃんだろうな。

 奥様が種を蒔いたスイートバジルが発芽しました。育ったら、ピザを作ったときに添えるつもりなんでしょうか?
スイートバジル.jpg

★ボケの進行とともに昔読んだ本の記憶もぼんやりしてきます。このところヘロドトスの「歴史」(ペルシャ戦争史)を適当に読んでいますが、ま、西洋講談ですね。学生時代にまちがいなく通読したはずなんですが半世紀も経つとほとんど忘れています。おかげで新鮮に読めるというのが、ボケの効用ですねー。(^-^)
nice!(10)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

SHさんからのチョウ写真 [鳥以外も撮る SH]

 はぁ・・・昨日(6/28)の東京のコロナ感染者数は60人ですか。54人、57人と連日50人超、しかも少しずつ増えてきています。でも、解除失敗を認めたくないので再自粛要請は出ないんでしょうねえ。都知事選の小池以外の候補者は、どんぐりの背比べのようなものなので、小池にはまってさあ大変[がく~(落胆した顔)]、なんてことにならなければいいのですが・・・。
https://mainichi.jp/articles/20200628/k00/00m/040/183000c

 最近は昆虫カメラマンに徹しているSHさんから、チョウの写真が大量に送られてきました。雨の合間を縫って撮影に出かけているのでしょうか。ま、あまり無理をしない程度にね。
 そうそう、カメラに関しては一昨日ちょっと悲しい出来事がありました。プラスチック製品は軽くていいのですが、やはり壊れやすいものですねえとだけ書いておきます。
………………………………………………………………………………………………………………………………
はっきりしない天気いやですねー。
雨だと散歩に行けず体力が回復していません。散歩でのマスクはやっかいですね。人がいないところではマスクをずらし鼻を出して歩いているのです。梅雨が終われば暑い夏、先が思いやられます。
↓ウラナミアカシジミ
ウラナミアカシジミ1376.jpg
↓キアゲハ
キアゲハ1107.jpg
↓キマダラセセリ
キマダラセセリ1368.jpg
↓クロコノマチョウ
クロコノマチョウ2368.jpg
↓サトキマダラヒカゲ
サトキマダラヒカゲ1188.jpg
↓ヒカゲチョウ
ヒカゲチョウ1405.jpg
↓ミドリシジミ
ミドリシジミ1565.jpg
↓ムラサキシジミ
ムラサキシジミ1572.jpg
↓ヤマトシジミ
ヤマトシジミ1692.jpg
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

今度はサツマイモにチャレンジ [植物]

 東京都の27日コロナ感染者数は57人。26日の54人に続いて連続の50人超。地域別の感染者数を調べてみると、東京57、埼玉11、千葉5、神奈川4=77。それ以外は北海道6、京都4、栃木3、大阪2、福岡2。圧倒的に東京が多く、しかも隣接県の感染者は東京に行ったり通ったりした可能性が高いことを考えると、全国で東京だけがコロナ感染抑圧に失敗していることがわかります。
 小池口だけ知事は、自粛をワンステップ緩めたら感染者数が増えたため発狂したのか、突然、東京アラートなんていう意味不明の宣言をし都庁やレインボーブリッジを赤くライトアップ自身の都知事出馬宣言に合わせてアラート解除、ステップ上げ。にもかわらず感染者増大なのにアラートはなし。自粛要請もなし。一旦、解除したものを再発動することは自身の判断ミスと看做されるので嫌なんでしょう。求められるのは、横文字の羅列やパフォーマンスではなく「実効」なんですが、果して口だけの人に何かできるのでしょうか? いずれにしても、コロナで選挙活動するな!

 ジャガイモの花は無事撮れて、新ジャガ3つのおまけ付きグリコ(^-^)。気をよくして、今度はサツマイモにチャレンジです。今回も目的は花の撮影。以前、失敗していますが、さて今回はうまくいくのでしょうか?
01.jpg
02.jpg
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

英語の前に日本語を学べ! [日記・雑感]

 「上級国民」には振り込まれないのではないかなどとwildさんに脅されていた定額給付金、さすがに下級国民を上級と言い張るのは安倍嘘つき内閣でも「無理」と判断したのが、ようやく振り込まれました。なんだかんだで区から申請書が届いたのが5月末。ンで、振り込まれたのが6月末。結局、2か月以上かかったわけで、迅速かつスピーディーで、安倍ちゃまの言った通りでした。「事」ある度に「責任を痛感」する人だけあって、さすがです、立派です。
P1070448.jpg

口だけ都知事の横文字発言
※このブログは基本「忘備録」なので今現在考えていることを、だらだらと書いたりもしています。めんどくさい人は、スルーしてください。
 さてと、現在日本の悪徳政治家、無能無策政治家については、言いたいことは山ほどあるのだが、犯罪の数が多すぎ書き出したら1冊の本が出来てしまうほどなので、別の機会に譲りたいと思う。今回問題にしたいのはこうしたコロナウイルスをめぐる騒動の中で、政治家や専門家の発言に、今まで聞いたこともないような横文字が多数飛び交っていることだ。
 「pandemicパンデミック」=感染爆発に始まり、「clusterクラスター」=集団、「overshootオーバーシュート」=度を越す、「lockdownロックダウン」=厳重封鎖(都市封鎖)等々。過去にも「ubiquitousユビキタス」=いつでもどこでも、「Inboundインバウンド」=入国(訪日)観光客、「sustainabilityサステナビリティ」=持続可能など、なぜ日本語に翻訳して語らないのだと思える単語が多々発信された(定着したものもあれば、定着しなかったものもある)。日本語でもいいものを、なぜ横文字にしたがるのだろう。
 これは、思うに政治家や企業によるパフォーマンスだろう。
 日本人には、ペリーの黒船以来、心の何処かに欧米コンプレックスがあり、英語が話せればそれだけでその人は「偉い」と思ってしまう風潮がある。だから、同じ意味でも英語で語られると何となくそれを正しいと思ってしまい、そうした英語がスラスラと出てくる人は、偉い。偉い人の言うことには従わなければならない、という結論になる。横文字を話す方も、こういう言葉をさらりと話せる自分は偉いんだという錯覚「いい気分」になれるわけで、まさに一石二鳥の効果がある。

 今の日本は、「国際化」の旗の下、大学入試などでも英語の占める比重はますます重くなってきている。そのことを別に否定するつもりはない。英語は小学校から学ぶことになり、大学では英語だけの講義も多くなっていると聞く。今に、英語の出来ない奴は人にあらず。日本の恥になるから外国には行くな。なんてことにもなりかねない(^^;。というのは冗談にしても、外国の前に国内に恥を晒している「上級国民」がいる。
 口だけ都知事には誰か変な入れ知恵をする奴がいて(電通か?(^^;)、横文字の羅列に続くのが専門用語、さらに「夜の街」が典型だが勝手造語で締めくくるという悪業三昧。何を言いたいのかしばしばわからなくなるのだが、わからない奴はそっちが悪いと責任を押し付けてくるから始末が悪い。誰にでもわかるように、きちんと丁寧に説明することも政治家の仕事だろう。候補者による討論会で、誰かがそのあたり突っ込んで問い糺してくれるといいのだが、コロナ感染の危険があるので出ないのだそうだ(口だけ都知事がオリンピック延期問題のとき責任逃れのため雲隠れし、延期が決まった途端しゃしゃり出てきて「ロックダウン」云々と言い出したことは、すでに何度も書いた)。

 と書いてきて、この都知事には懇切丁寧わかりやすく説明できるだけの語彙があるのだろうかと、ちょっと心配になってきた。というのも、似たような体質の国政のトップも、日本語がめちゃくちゃだからだ。日本語がきちんと読めない・理解できない。これで国民に丁寧な説明など本当にできるのだろうか。たとえば、安倍、麻生の語録をひも解くと、
安倍語録
「云々うんぬん」を「でんでん」
「画一的かくいつてき」を「がいちてき」
「背後はいご」を「せご」
「願って已(や)みません」を「願っていません」
麻生語録
「踏襲とうしゅう」を「ふしゅう」
「未曾有みぞう」を「みぞうゆう」
「低迷ていめい」を「ていまい」
「怪我けが」を「かいが」
 ひどいものである。
 これではとても「所謂」「故に」「何処」「丁度」「兎に角」「駆使」「暫く」「斯くて」「漸く」「若し」「既に」など正しく読めないと思う。「有頂天」「次善」「推敲」「具申」「更迭」なんてところも怪しい。もちろん、読めなくても問題はない。読めなくて、あるいは読み方に自信がなくて、「あれっ?」と思ったら辞書を引けばいいのだ。しかし、彼らは「あれっ?」とも思わないのだ。そして、まちがえていたとしても、それが正しいのだと「閣議決定」してしまうのだ。
 安倍ちゃまには、こんなことがあった。安倍が「そもそも」という言葉を「基礎的な」という意味で使い、「そもそも」とは「初めから」という意味なので誤用であるという指摘をされた。すると、辞書には「そもそも」の意味の一つに「土台」と記されており、「そもそも」には「基本的な」という意味が含まれると(国語学者など誰1人としていない場で)「閣議決定」してしまった。
 えっ?そうだったのか? と思って、辞書を引いてみた。すると、「そもそも」の意味のひとつとして、「どだい」とある。なるほど、と安倍ちゃまも正しいことがあるんだと妙なところで感心したが、その用例を見て驚いた。
「どだい無理」などと使われる。
 えっ!?
 この「そもそも無理」は「初めっから無理」ということじゃないか。つまり、閣議決定は、「どだい」=「土台=「基礎」というこじつけの上に成り立っているものだったのだ。これからの国際化にあたっての英語を否定するものではないが、その前に、彼ら「上級国民」には、まず日本語教育を小学校過程からきっちり教える必要があるのではないのか。何かというと、やたら「日本の文化」を持ち出す面々にしてこの有様なのだ。
 口だけ知事もカイロ大学では日本語なんぞ学ばなかったと思われる。結果、彼らと同様、あるいはそれ以上に日本語に不自由なように見受けられる。都民への懇切丁寧わかりやすい説明は極めて重要なので、同じ穴の狢として、彼らと一緒に日本語を初歩から学ばれたらどうだろう。
(それにしても、ただ罵倒するだけでなく、今後のやるべきことまで教えてやるなんて、なんて優しいブログなんだろう。と、自画自賛[わーい(嬉しい顔)]
nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりの透過光撮影 [植物]

 本日(6/26)の東京都のコロナ感染者は再び50人の大台を超えて54人だそうです。それでも「第2波」じゃないんだそうです。認めると、自分の選挙戦略に合わせて自粛解除、東京アラート解除を行ってきた責任を追求されるからなんでしょうねえ。ったく、口だけ都知事は、自分の損得しか考えていませんなあ。
https://www.asahi.com/articles/ASN6V516PN6VUTIL01W.html?iref=comtop_8_06

 昨日(6/25)は、久しぶりに整骨院に行ってきました。2月末に行って以来なのでナント4か月ぶりです。おかげで?初診ということになり、初診料をとられてしまいました。来週からは行く回数を徐々に増やし、週2回ペースに戻していきたいと思います。

 透過光撮影なんていうとカッコイイですが、単に葉っぱをライトテーブルに乗せ、手持ちカメラで適当に撮っただけのものです。
↓ジャガイモ
ジャガイモ.jpg
↓ニンジン
ニンジン.jpg
↓ハナズオウ
ハナズオウ.jpg

★6/25東京のコロナ感染者数48人
 東京アラートなる意味不明のものが出されたのは規制緩和ステップ2へと進んだ6/1の翌日(6/2)、どう考えても自分の失敗を隠蔽するために、ちゃんとアラート出してましてよ、ということなんでしょう。そのアラートは6/13に解除してステップ3に進むわけですが、同時に都知事選出馬表明。私のおかげでコロナ封じ込めに成功してましてよということなんでしょう。感染者数が減らないことを指摘されると、そりゃああーた「夜の街」のせいですわよオホホホホホ。規制が解除されたんだから「夜の街」が営業することには何の問題もない。営業しているのだから客として店に入るのにも何の問題もない。解除の判断がオーマチガイだったわけなのだが、すべては「夜の街」が悪い。さすが、疑惑のカイロ大学卒業生です。
 ここ数日東京の感染者数は、6/21=35 6/22=29 6/23=31 6/24=55 6/25=48と高値安定微増傾向。にも関わらず、自粛要請も東京アラートも出す気はなし。一度解除したものを再度出すというのは、己の失敗を認めることになるからでしょう。以前にも書きましたが、この口だけ知事。公約に掲げた築地移転やオリンピック会場の見直しに関してもただ工期を引き延ばしてさらなる経費を増やしただけ。オリンピック延期・中止が問題化すると責任逃れの雲隠れ。延期が決まると突如出てきて、ロックダウンだのオーバーシュートなど吠えまくり。選挙が公示されてからも顔を売るために毎日感染者数の発表に出てくる。しかも、候補の討論会には、コロナ対策の時期で三密を避けたいので出ませんわよ。だって、突っ込まれ所山盛りなんですもの。というテイタラク。逃げ足だけはオリンピック選手なみ。
 6/25の全国の感染者数は79人、うち東京だけで48人。隣接県の神奈川、埼玉、千葉が各4人と、感染者の大半が首都圏。残りは福岡3人、北海道1人、岡山1人の計5人のみ。どう考えても口だけ知事の東京だけがコロナ抑え込みに失敗しているように見えるのですが。また夜の街のせいにするのか、別の理由を考えるのか。いずれにしても口だけでたとえ「責任は痛感しても、とらない」んでしょうなあ。いやはや・・・。

★選挙違反も、カニやメロンなら、ええよ〜
 秘書が「香典」にカニ、イクラ、メロンなどを配った菅原一秀衆院議員は、不起訴なんだって。昔、名前入り線香を配って辞職した議員がいたという記憶がありますが、ま、菅原クンは辞職などしないんでしょうなぁ。特捜部も広島の件があるので、「バランス」をとったんでしょうか?
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200625/k00/00m/040/115000c
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

喫煙者のバイブル?「さよならくちびる」 [映画・文学・音楽]

「さよならくちびる」☆☆★★★

 男女3人の相手に対する想いがうまくマッチングしないまま旅を続ける映画というと、私の世代だとまず浮かぶのが、ロベール・アンリコ監督、アラン・ドロン、リノ・ヴァンチェラ、ジョアンナ・シムカス(後の「夜の大捜査線」シドニー・ポアチエ夫人)の「冒険者たち」。
 私は、アラン・ドロンの代表作はまちがいなく「太陽がいっぱい」だと思っていたのだが、まだ名古屋にいたころ知り合いのSYさんから「『太陽がいっぱい』よりいいかも」と言われて、毎日地下劇場に見に行った。平日の昼間ということもあって客の入りは半分程度。ストーリーだけ追っていくとけっこう行き当たりばったりで「ンナ阿呆な」と言いたくなるようなものなのだが、そこは映像の詩人と言われたアンリコ監督、いいなぁ・・・と思わせるシーンが山盛りで、心に残る。ラストなど、この後、リノ・ヴァンチェラはどうやって生きていくのだろうと心配になったほどだ。
 以来、この映画は私の「アラン・ドロンの2大名作」になった。と同時にこの映画、映画関係者にはかなりの影響を与えたようで、後に、「明日に向かって撃て」など男2人女1人の映画を見ると、どうしてもこの「冒険者たち」を連想してしまうほどだ。

 この「さよならくちびる」は、女2人男1人のロードムービー。解散することになった女性2人のギターデュオ「ハルレオ」(ハル=門脇麦、レオ=小松菜奈)がマネージャー(成田凌)の運転する車で全国を旅する物語だ。情弱故、こんなふにゃらららタイトルの映画があることなど全然しらなかったが、骨子はやっぱ「冒険者たち」だなあ。とはいえ、だから見たわけではない。見てみようかと思ったきっかけは、ネットに、そこそこおもしろく見られたが(女性)2人がやたらタバコを吸うのが興ざめだったという書き込みを見たからだ。
 おおっ、禁煙ヒステリーの嵐が吹き荒れる今の時代に、門脇、小松が喫煙だってえ。そりゃあ、もう見るしかないではないか。(^^)/
 いやあ、期待を裏切りませんなあ。とくに門脇麦さん、完全にヘビースモーカーです888。ま、話としてはよくあるパターンで、ちょっとした行き違いがだんだん大きくなり解散決定。3人の恋愛矢印はいずれも堂々巡りで交わることがない。ところが、解散が近づくにつれて・・・。2人とも頑張って唄っているが、設定では歌メインの小松さんより門脇さんのほうがややうまいかな。うまいといえば、2人の女性の間で苦労する成田君(周防監督「カツベン」、ドラマ「逃げ恥」のボーイズラブ青年、「アリバイ崩し」のジュニア)がなかなかにうまく、リアリティもある。ちょっと見直した[グッド(上向き矢印)]
 いずれにしても、今のこのご時世に喫煙シーン[喫煙]をきちんと描いたというだけで、喫煙者には感涙もの。文句なしに★1つ進呈したい。よくやった[わーい(嬉しい顔)]
くちびる.jpg
↓予告編
https://www.youtube.com/watch?v=PUIhm75fN5s

☆★は、尊敬する映画評論家・双葉十三郎さんの採点方法のパクリで、☆=20点、★=5点(☆☆☆が60点で「可」。合格というか、まあ許せるラインということです)

★かねてから噂はあったのですが、オリンパスのカメラ部門売却ですか。オリンパスはフィルム一眼レフの時代にもOMシリーズ終了という「事件」があったので危惧はしていましたが、会社として赤字続きのカメラ部門に見切りをつけたのでしょう。一眼レフAF化一番乗りで一時はトップシェアを誇っていたミノルタはソニーに、私が買った初めての一眼レフであるペンタックスはリコーに拾われました。私が初めて買った35mmカメラのヤシカは、コンタックスとなりさらに京セラに吸収されましたが京セラがカメラ部門撤退で、消滅。オリンパスはどこか拾ってくれるのでしょうか。同じm4/3グループのパナソニックが拾ってくれてm4/3を充実させてくれるといいのですが、ファンド経由で中国企業に買い取られるということも十分に考えられます。
https://www.olympus.co.jp/ir/data/announcement/2020/contents/ir00012.pdf
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -